1. TOP
  2. ビジネス書 書評
  3. 仕事。/川村元気

仕事。/川村元気

|

仕事。/川村元気』を読みました。

 

金のためではなく、人生を楽しくするために働くこと。

それを本書では「仕事。」と呼ぶ。

 

大人になって、人生はまだまだこれから。

その生きている時間のほとんどを、おそらく僕らは仕事に費やす。

僕らがしているのは「仕事」か「仕事。」か。

自分にとって本当の「仕事。」に出会うことはできるのか。

目的

  • 「仕事。」に関する哲学を仕入れる。
  • 「仕事。」に対するアイデアを言葉としてストックする。

 

キーワード

仕事、働く、インタビュー

 

【学んだこと】

本書でインタビューされていたのは、

 

山田洋次、沢木耕太郎、杉本博司、倉本聰、秋元康、宮崎駿、糸井重里、篠山紀信、谷川俊太郎、鈴木敏夫、横尾忠則、坂本龍一

 

の12名。

個人的には、前半に登場した人のインタビューがおもしろかったです。

手元に置いておきたいと思えたアイデアがいくつかありました。

言葉は文脈が大事な場合もあるのですが、ここではそれぞれのインタビュー内で心にとまった言葉・アイデアを抜き出して紹介します。

 

山田洋次
  • どんな職人の仕事でも、最初は師匠の真似をするところからはじまる
  • 批判する頭のよさよりも、いいなぁと惚れ込む感性の方が大事

 

沢木耕太郎
  • 自由≠何も考えずに突き進むこと
  • 本当の自由を獲得するためには、先手を打ったりとか、考えて動いておくとかが重要
  • 3年歯を食いしばってい名刺代わりになるような仕事を完成させる
  • どこにいてもソロで生きられる力をつけること
  • 新たなパーティに誘われた時に、参加できる力をつけておくこと

 

杉本博司
  • 30代前半までにやることがみつからなかったら人生やることないよ
  • 自分の原体験みたいなものは、そこまでにでつくしちゃってるもの
  • 仕事というのは、そこまでにためたものを、どうアウトプットするかってことだけなのかもしれない
  • すごいものであっても、表現する技術がないと伝わらない

 

倉本聰
  • 誰かから、世間から抜きん出るには、やっぱりどこかで無理をしなくちゃいけない

 

秋元康
  • 嫉妬も中傷も受け止めて、仕事でオセロをひっくり返す
  • 二つの道があったとして、慎重に、間違っちゃいけないと思って選んだ道でも、人間は間違えてしまうもの。常に正解のほうになんか進めないんだよ。だから、間違った道を行っても、戻ってくる力さえ磨いておけばいい。

 

糸井重里
  • 仕事ってやっぱり人間の一部分でしかない
  • リスクばかり考えず「どうやって生きるか」を面白くやれ

 

【感想】

その道で成功している人の共通点として見えてくるのは、やはり「ハマる」「没頭する」という時期を経験している人が多いということ。

堀江貴文さんやちきりんさんも「ハマる」経験は大事だと述べています。

「仕事」から「仕事。」への扉は、ハマったりガムシャラになったりすることで開くんだと思います。